不妊治療の費用【料金が高い理由について詳しく解説】

不妊治療の費用と内容について記しています。
トップページ >

なぜ不妊治療の費用が高いのか

不妊治療といえば人工授精と体外受精をイメージすると思います。

しかしこの2つは手軽に行えるものではありません。

費用で説明すると人工授精は5,000円〜2万円、体外受精は30万円以上と言われています。

なぜここまで高いのでしょうか。

それは保険が効かない自由診療だからです。

本来、病気にかかった場合は国民皆保険が適応されて実際の治療費の3割が自己負担となります。

しかし人工授精や体外受精の場合は、病気の治療ではないと言うことで保険の適用外となります。

費用については病院が価格を設定することができますので、費用が大幅に違うんですね。

つまり簡単に言うと「保険が効かないから全額自分で払わなければいけない」ということです。

「だったら、費用の安い病院を選べばいいや」と思うでしょうが、その分質が悪く、妊娠の可能性が低くなることが考えられます。

なぜ不妊治療の費用が高いのかの下

不妊治療の補助金について

上記の説明のように人工授精や体外受精の不妊治療は非常に費用が高いです。

家庭によっては費用が高くて妊娠を諦めなければいけないケースも多いと思います。

これでは、少子化が進んでしまう恐れがあり各地方自治体では、高額な不妊治療を受ける夫婦に対して補助金を設けています。

ただこの補助金を受けるには一定の条件をクリアしなければいけません。

この条件については「その市に住所があること」、「収入制限」などがあり、これは地方自治体によって異なります。

提出書類についても補助金申請書以外に不妊治療受信証明書、請求書、住民票、戸籍謄本、所得証明書などが必要です。

「お金がないから子供を諦めなければいけない」と言うのは、とても悲しいことです。

ですから、諦める前に自身の住んでいる役所に相談してみましょう。

不妊治療の補助金についての下

不妊治療を経験した芸能人について

不妊治療の費用については上記の通りですが、それでも不妊治療に対して抵抗を持ってる方もいると思います。

http://www.dosanko-ippin.com/

そこで一般人だけでなく芸能人でも不妊治療の経験がある人は多くいます。

まずはタレントでプロゴルファーの東尾理子さんです。

35歳を過ぎてから不妊治療を受けています。

体外受精を失敗して精神的に落ち込むこともあったそうです。

しかし不妊治療続けた結果、 2012年に長男を出産しています。

別のケースとしてタレントの矢沢心さんも不妊治療の経験があります。

年齢は若いですが生理不順や子宮内の病気によって不妊で悩んでいました。

長期間不妊治療を続けた結果、現在では2人のお子さんを出産しています。

矢沢さんはこの経験を1冊の本にしており、この本は不妊で悩んでいる夫婦が参考にしています。

決して、不妊治療は恥ずかしいことではありません。

しかしこの2人の経験からわかるように、不妊治療はスムーズにいかないことが多いです。

ですので夫婦間の強い絆が必要となります。

不妊治療を経験した芸能人についての下



Copyright (C) 2014 不妊治療の費用【料金が高い理由について詳しく解説】 All Rights Reserved.

PAGE TOP